夜行バスを安い価格で乗れる方法はさまざま!最安値で乗る方法

夜行バスを利用するなら、安く乗る方法を選んだほうがお得です。各種割引制度や便利な予約サイトを活用して、賢く乗車券を購入しましょう。 今回は、夜行バスを安く乗る方法や割引制度とおすすめの予約サイトを紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

高速バスでできる一般的な割引制度

最初に、夜行バスを安く乗る方法の定番である「割引制度」の代表的なものを紹介していきましょう。

導入されている割引制度や、その割引率・利用条件は、バス会社によってさまざまです。ここで紹介していない割引もあるため、ぜひ利用予定のバス会社のホームページ、パンフレットなどもチェックしてみてください。

早割

早割は名前を見てわかるとおり、乗車日よりも早い時期に購入することで、通常料金の割引を受けられる制度で、多くのバス会社が提供しています。夜行バスを利用する予定日が決まっている方は、ぜひ使いたい割引でしょう。

具体的なプラン内容は、21日前早割・14日前早割・7日前早割・5日前早割・3日前早割・1日前早割などのように、申込期限までの日数で割引率に差があるプランが一般的です。

とはいえ、一口に「早割」といってもさまざまな種類があり、会社によっても適用される申込時期などの条件が違います。たとえば、GW・夏休みなどの長期休暇中・年末年始などのハイシーズンや座席のタイプなどで適用されない場合もあるので、よく確認しましょう。

学割

学割は、利用者が学生である場合にのみ適用され、学生証の提示で通常料金のおよそ20%の割引を受けられる、利用価値の高い制度です。電車などの公共交通機関でもおなじみの制度なので、利用したことがある方は多いでしょう。

学割は一般的に、小学生・中学生・高校生・大学生が対象です。会社によっては専門学校生なども対象にしているため、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、学割は申込窓口や乗車時には、必ず学生証書を持参してください。

シニア割

シニア割は、一定の年齢以上の方が夜行バスに乗車するときに利用できる割引制度です。バス会社によって適用年齢や割引率は違うものの、55歳以上の利用者を対象にしていることが多いようです。

ただし学割と同様に、シニア割の利用時には運転免許証のような年齢がわかる公的機関発行の証明書が必要です。提示を求められる証明書はバス会社ごとに違うため、申込の際に確認しておくといいでしょう。

障害者割引

障害者割引は障害のある方が暮らしていくうえで受けられる、さまざまな料金の割引制度です。夜行バス会社でも取り入れられていて、片道料金のおよそ50%が割引になります。条件にあてはまる可能性のある方は、バス会社に適用条件を確認しておくと良いでしょう。

また、障害者割引の場合は、窓口での申込時や乗車する際に障害者手帳などの証明書の提示を求められるため、忘れずに持参してください。

ネット割

ネット割は、オンラインで申し込む場合にのみ適用される割引制度です。割引率は数%と低いものの、インターネットでの申込みは手続きが簡単&スピーディーなうえにお得なので、活用してみると良いでしょう。

なかにはクレジットカード決済がネット割の条件としているバス会社もあるため、事前に会社のホームページやパンフレットなどで条件を確認しておくのがおすすめです。

往復割

往復割は、往路と復路の乗車券を一括購入することで適用される割引制度です。同じルートで戻ってくる予定であれば、まとめて購入したほうがお得です。

ただし往復券を購入してしまうと、帰りの予定日時が変更になったときに乗車券がムダになってしまうかもしれません。バス会社によって、往路便から復路便を使うまでの日付に数日間の猶予を設けているため、チェックしてみてください。

割引制度以外で高速バスを安く乗る方法

続いて、割引制度以外で夜行バスに安く乗る方法を紹介しましょう。

意外に思うかもしれませんが、夜行バスの選び方や申込方法によっては、乗車券をもっと安く購入することができます。夜行バスを頻繁に利用する方、コストパフォーマンス良く活用したい方は、ぜひ試してみてください。

シートを選ぶ

少しでも乗車料金を抑えたいなら、シートを賢く選びましょう。夜行バスのシートのタイプにはいくつかの種類があり、シートのグレードで乗車料金に差が出るからです。

リーズナブルに乗りたい方は、一番価格が安いオーソドックスな4列シートを選ぶと良いでしょう。

ただし、4列シートは動きにくく窮屈に感じてしまうのがデメリットです。狭さが気になる方は、同じ4列シートでも「ゆったり」「のびのび」と注釈が付いているバスを選ぶのをおすすめします。ゆったりサイズでも通常の4列と料金があまり変わらないので、探してみてください。

キャンペーンを利用する

季節によって開催されているキャンペーンを利用するのも選択肢のひとつです。キャンペーンは閑散期などに行われることが多く、利用者を増やすことを目的に、期間限定で乗車料金の割引を行っています。

当然、その時期や割引率などの条件は、それぞれのバス会社などによって大きな開きがあります。チャンスを見逃さないためには、こまめにホームページなどをチェックしておくと良いでしょう。

比較サイトを利用する

電話でも申込みできるものの、夜行バスの予約はインターネットを使うのが主流です。なかでも比較サイトを利用すると価格を抑えて乗車券が購入できるため、ぜひ活用してみてください。

比較サイトがお得である理由としては、最安値のバスを探しやすいからです。比較サイトでは複数のバス会社の情報を掲載しており、同じ日にち・目的地の便の最安値が簡単にわかります。バス会社の価格の比較をして、一番安く乗れるバス会社を選びましょう。

ただし、比較サイトはバス会社が運営する直販サイトと比べて、割引キャンペーンなどが少なめです。その代わりポイント制を導入しているサイトでは、繰り返し使うことでよりお得に夜行バスを利用できます。

安い金額で乗れる夜行バス予約サイトを利用しよう

夜行バスを安く乗る方法を探しているなら、高速バス・夜行バス専門の比較・予約サイト、バスブックマークを利用するのがおすすめです。

特徴1.選べる!価格帯

バスブックマークは、リーズナブルなプランからハイグレードなプランまでを幅広くラインナップしているので、たくさんのバス会社を比較して、あなたに合ったプランを予約できます。

サイト内で最安値の情報を調べられるので、コストパフォーマンスの良い夜行バス旅がかなえられるでしょう。

特徴2.選べる!バス・シートタイプ

バスの種類やシートのバリエーションが豊富なので、乗りたいタイプのバスを探しやすいのも、バスブックマークの魅力でしょう。

オーソドックスな4列シート・ゆったりサイズの4列シート・3列独立シートと、あなたの好みの過ごし方ができるバスを自由に選べます。

安全性に配慮されたトイレ付き車両や女性専用車両もラインナップしているので、安心してりようできます。

特徴3.探せる!全国各地発着の夜行バス

バスブックマークは、北海道から沖縄まで、全国の都市間を結ぶ路線を幅広く扱っています。「首都圏・名古屋・関西発着しか探せない」なんて不便はありません。

特徴4.簡単!検索・予約

出発地・到着地・出発日を入力するだけで、あなたの希望に合ったバスを検索できます。短時間で簡単にバスの検索・予約ができるため、頻繁に夜行バスを利用するビジネスマンや夜行バス初心者にもバスブックマークはおすすめです。

手軽に夜行バスを予約したい方は、ぜひバスブックマークをご利用ください。

まとめ

夜行バスは新幹線や飛行機などより、リーズナブルに旅行や移動ができるのが魅力です。割引サービスやキャンペーンなどを上手に使って、そのメリットを最大限に活かしましょう。

便利な夜行バス比較・予約サイトも活用することも、夜行バスに安く乗る方法のひとつです。もし夜行バスを安く乗りたいのであれば、ぜひバスブックマークを使って、お得な料金で乗れるバスを探してみてください。