夜行バスはキャンセルすることができる?キャンセル料や方法は?

夜行バスを利用しようと予約した後、さまざまな事情でキャンセルしなくてはいけないケースもあるでしょう。夜行バスは、予約後のキャンセルができるのか、またキャンセル料の規定はどのようになっているのか、この記事で詳しく解説します。


この記事は約6分で読み終わります。

夜行バスってキャンセルできるの?

出かける予定を立てても、後日予定が変わることは頻繁にあるかと思います。夜行バスも同じで、いったん予約したものの、何らかの事情ができた場合、キャンセルしても良いのでしょうか。バスのキャンセル制度について見てみましょう。

夜行バスはキャンセルが可能

夜行バスは、飛行機や電車と同じように、いったん予約した後でもキャンセルすることができるので、どうしても都合がつかなくなり、乗車できなくなってもご安心ください。誰しも、夜行バスを利用する予定で予約しますが、やむを得ずキャンセルせざるを得ない場合はあるものです。

キャンセルすることになったら、できるだけ早く手続きしましょう。混みやすい時間帯や時期、大都市間を結ぶ便などでは、ほかに利用したい人がいるかも知れません。また、利用日直前のキャンセルでは、キャンセル料がかかる場合があります。キャンセル料については、のちほど詳しく紹介します。

キャンセルの方法は?

夜行バスの予約をキャンセルする方法は、どの手段で予約したかによって変わってきます。基本的に、予約したときと同じ場所でキャンセルしなくてはいけませんので、覚えておくと安心です。それぞれのキャンセル方法を紹介します。

バス会社や駅などに設置されている窓口で購入した場合は、窓口でキャンセル手続きが可能です。同時に払い戻しの手続きもできるので、窓口へ出向いてキャンセルしたい旨を申し出ましょう。この方法が、もっともスムーズに手続きできます。

インターネットの予約サイトから予約・購入した場合は、原則として予約サイトの予約取消画面から手続きします。ただし、直接バス会社へ連絡が必要なサイトもあるため、注意が必要です。また、出発時刻間際のキャンセルは、インターネットから受付できない場合もあります。このときも、バス会社へ連絡しましょう。連絡先は、予約確認メールもしくはサイトなどで確認できます。

イン ターネットで予約してコンビニ支払いをした場合には、バス会社によって取扱いが異なります。インターネットでの取消手続きが必要な会社や、電話連絡を求める会社など、対応が分かれています。コンビニで支払ったバス代金は、基本的にコンビニやバス会社窓口などで返金してもらうことはできません。払い戻し専用サイトを設けている会社もあれば、銀行振込により返金する会社もあります。

銀行振込では、返金手数料・キャンセル料・振込手数料と、複数の手数料が差し引かれたあとの返金となる場合もありますので、返金金額がかなり少なくなるケースもみられます。後日トラブルにならないよう、具体的な金額の内訳を確認しておくと安心です。

詳しいキャンセル方法は、バス会社によって異なりますので、電話・窓口・サイトなどで必ず詳細を確認しましょう。

夜行バスのキャンセル料は?

夜行バスの予約をキャンセルすると、日にちによってはキャンセル料がかかる場合があります。どのような規定になっているのでしょうか。

キャンセル料が発生するのはどんなとき?

入金していた予約をキャンセルすると、キャンセル日によってキャンセル料がかかります。また、予約していた人数を減らす場合も、減らす人数分をキャンセルする扱いになるため、同じようにキャンセル料の対象となることがあります。

キャンセル料が発生しないのはどんなとき?

予約をキャンセルしても、入金を行っていなかった場合には、キャンセル料はかかりません。また、出発日まで日にちが空いている場合も、キャンセル料の対象となりません。

キャンセル料がかかるかどうかは、乗車予定日だった日から何日前にキャンセルしたかによって変わってきます。

キャンセル料はだいたいどれくらい?

キャンセル料は、バス会社ごとで決められていますが、一例として次の割合に規定されている場合があります。

・乗車日の10日前から8日前までのキャンセル…乗車代金の20%
・7日前~2日前まで…30%
・前日…40%
・当日…50%
・無連絡無乗車もしくは出発後…100%

また、乗車日にかかわらず、キャンセル料を片道1区間につき100円と定めている会社もあります。
会社ごとの詳しいキャンセル料は、必ずサイトもしくは電話などで確認しましょう。

夜行バスをキャンセルするときのポイント

夜行バスのキャンセルは、次の点を覚えておくと便利です。もしものキャンセル時に役立てられるでしょう。

返金について

夜行バスをキャンセルすると、日にちによっては支払ってある代金からキャンセル料を差し引いて返金されます。先述でも紹介しましたが、窓口で現金購入をした場合には、キャンセルと返金手続きが窓口で同時にできますので、もっともスムーズな方法です。

クレジットカードで支払いをし、既にカード会社へ請求済の場合は、キャンセル料を差し引いた金額の返金もクレジットカードを通じて行われます。請求のタイミングによっては、キャンセル料や取消手数料のみが引き落としされることもあります。

具体的にいつ手続きされるのかについては、バス会社からカード会社へ請求するタイミングと、カード会社ごとの規定日で決まりますので、場合によっては返金に数ヶ月かかることもある理解しておきましょう。

キャンセルではなく予約日の変更という手も

予約をキャンセルすると、日にちによってキャンセル料がかかります。しかし、キャンセルではなく日にちを変更すると、キャンセル料がかからないバス会社もあります。

予約している日にちで、都合が悪くなったら、キャンセル料なしで日にちを変更できるかどうか、バス会社に確認してみると良いでしょう。

夜行バス・高速バスの予約サイト「バスブックマーク」では、プランごとにWEBキャンセル時刻が設定されており、この時刻までは、マイページからオンラインでキャンセル手続きを行うことができます。

非会員としてご予約されたお客様は、予約番号とお電話番号で確認できますので、ご準備のうえ手続きください。また、お急ぎの場合は電話でも手続き可能です。営業時間の終了間際など、時間帯によって電話が混み合う場合もありますので、余裕を持ってご連絡をお願いいたします。

バスブックマークでは、全国各地の都市間を結ぶ夜行バス・高速バスの予約を承っています。希望の出発地・到着地を入力いただくと、お好みのバスタイプを選択でき、格安予約が可能です。支払い方法も、コンビニ決済・ゆうちょ銀行・ネットバンク決済・クレジットカード決済からお選びいただけますので、ご都合の良い方法で手続きください。ご予約いただく時間帯やお支払い方法によっては、支払い期限が設定されておりますので、期限内の手続きをお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら、お気軽に当社カスタマーセンターまでお問い合わせください。

まとめ

予約しておいた夜行バスをキャンセルする場合には、予約したバス会社と方法によって対応が異なります。各バス会社の規定に従って、手続き漏れがないように気をつけましょう。分からないことがあれば、予約先のバス会社に連絡して、指示を仰ぎましょう。