夜行バスでトイレに行きたくなったらどうする?気になるお悩みを解決

夜行バスを利用するとき、気になるのがトイレです。長時間の移動になりますし、夜間ですから、必要なときに用を足せないと不安になるでしょう。 この記事では、夜行バスのトイレ事情について詳しく紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

夜行バスでトイレに行きたくなったらどうすればいい?

まずは夜行バスの乗車中、トイレに行きたくなったらどうすれば良いのか見てみましょう。

バス車内のトイレを利用する

夜行バスのように、長距離を移動するバスの中には、トイレが設置されているタイプがあります。このタイプのバスに乗車していれば、必要なときにいつでも用を足せるでしょう。

ただし、ほかの乗客が利用しているときは、待たなければいけません。また、夜行バスは睡眠を妨げないように車内を暗くしている場合が多く、トイレまでの移動中、何かにぶつかったり、転んだりする恐れもあります。頻繁に利用するようであれば、トイレの近くにある座席を確保すると良いでしょう。

ほかにも、中が狭かったり、用を足している最中に揺れたりするなど、快適に利用できないかもしれません。臭いや音、汚れも気になるところです。

また、トイレ付のバスの場合は休憩時、下車不可のこともあるので事前に確認しておきましょう。

休憩時間に停車したサービスエリアでトイレに行く

長距離を移動するバスは、国土交通省による「交替運転手の配置基準」によって、概ね2時間運転するごとに、15分以上の休憩を取るよう定められています。

「概ね」とあるのは、高速道路を走っていると停められる場所が限られているため、2時間を過ぎた時点で近くにあるSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)まで走るからです。運転手がふたり以上いる場合も、このタイミングで交替します。

夜行バスでも、運転手が休憩したり、交替したりするときは、乗客も下車して休憩できるのが一般的です。その際にSAやPAにあるトイレを利用できます。

広さがあり、揺れる心配もないので、落ち着いて用を足せるでしょう。数も多いですから、ほとんど待たずに利用できます。また、洗面所が広くて鏡もあるので、歯みがきや洗顔、簡単なメイク直しが可能です。

その代わり、暗い中での移動となれば、特に女性は身の安全が気になるかもしれません。また、バスが停車している場所が分からなくなったり、乗り遅れたりする恐れもあります。

夜行バスは途中で止まれない

どうしても走行中トイレに行きたくなった場合は、運転手に申し出ると可能な範囲で停車してくれるかもしれません。ただし、高速道路を走行しているときは、一般道のように路肩への停車ができないため、途中の停留所や次のSA、PAまで走ることになります。

万が一漏らして車内を汚すと、賠償請求される恐れがあるので、我慢できなくなったら早めに伝えるようにしましょう。

バス事業者の中には、専用の相談窓口を設け、電話やメールなどで連絡を受けると、運転手に指示してくれるところもあります。運転手に直接伝えるのは抵抗があったり、ほかの乗客に聞かれたくなかったりするときも便利です。

移動中のトイレ休憩は何回くらいある?

もし、夜行バスにトイレが設置されていないと、どのタイミングで休憩があるのか気になります。一般的な対応状況を見てみましょう。

2~3時間おきにトイレ休憩はある

先ほど説明したとおり、国土交通省の基準によって、運転手は2時間運転するごとに15分以上休憩を取るか、別の運転手と交替しなければいけません。そのため、昼夜問わず長距離を移動するバスは、2~3時間おきにトイレ休憩が設定されているはずです。

時刻表や夜行バスを紹介するWebサイトでは、どのタイミングで、どこでトイレ休憩を取るか記載されています。心配であれば事前に確認しておきましょう。

乗車中、トイレに行きたくなる事態を防ぐには、水分の摂取を控えるのがおすすめです。飲むとしても水にしておきましょう。お茶やコーヒー、お酒は排尿を促してしまいます。

乗り物酔いの心配があるなら、乗車前に酔い止めの薬を飲んでおきましょう。空腹よりは軽く食事しておくほうが胃腸の調子を整えられます。

休憩の時間は15分~30分

どれくらいの休憩時間を設けるかは、夜行バスによって異なりますが、早くて15分、長くても30分です。また、運行に遅れがあるときは予定より短縮して調節する場合もあります。

昼間であれば事前にアナウンスがありますが、夜行バスでは乗客の睡眠を妨げないよう、ボードに表示するのも少なくありません。下りる前に必ず確認しましょう。

通常は15分もあれば、バスからトイレまで移動し、用を足して戻るまで十分な余裕があるはずです。ただし、トイレが混雑している可能性もあるため、速やかに効率よく行動しましょう。

気をつけたいのはバスの停車位置です。利用の多いSAやPAでは、似たような大型バスが並んで停車しており、自分の乗っていたバスがすぐに分かりづらい場合があります。特に夜は暗いのでなおさらです。

ナンバーを記憶するなど、バスの目印になるものを覚えておきましょう。万が一発車時間を過ぎてしまうと、多少は探してくれたり、待ってくれたりするかもしれませんが、最終的には運行予定を遅らせないために置いてかれてしまいます。そうなると、自力で追いかけなければいけません。

トイレ以外にも外に出て気分転換もおすすめ

休憩時間に眠れないのであれば、トイレに行く必要がなくても、外に出て気分転換するのがおすすめです。新鮮な空気を吸えますし、ストレッチして凝り固まった体をほぐせるでしょう。

特に夜行バスは同じ姿勢を長時間維持するので、血行不良になって血栓ができやすくなり、「エコノミー症候群」を引き起こす恐れがあります。それを防ぐためにも、機会があれば体を動かしておきたいところです。

休憩場所が24時間営業の食堂や売店があるところなら、簡単な食事をしたり、ちょっとした買い物ができたりします。ただし、休憩時間は限られているので、乗り遅れないように気をつけましょう。

「トイレ付きのバス」と「トイレなしのバス」どっちを選べば良い?

長距離を移動するバスでも、トイレが付いていないタイプは意外と存在します。特に夜行バスは、発車後すぐに睡眠を取って目的地まで目覚めない乗客が多いため、トイレのないバスで運行する便が多めです。

もし両方選べる場合は、どちらにすれば良いのでしょうか。

バス車内のトイレに不安を感じている人も

途中の休憩や目的地に到着するまでトイレを我慢できる場合を除いて、トイレ付きのバスを選ぶほうが安心です。途中で何が起こるか分かりませんし、高速道路を走っていると、すぐに停まれるとは限りません。

あえてトイレ付きのバスを選ばない人の中には、清潔さに不安を感じている人もいるでしょう。基本的にトイレは運行前に清掃が行われていますし、運転手が交代制になっていると、休憩中の運転手が定期的に清掃している場合もあります。

また、最近のトイレは音がしても大丈夫なように水の音を流せたり、消臭機能が付いていたりするものもあるので、気兼ねなく利用できるでしょう。もちろん、使った後は次の人が問題なく利用できるよう、汚れを残さないようにするのがマナーです。

もしものときのために「トイレ付きのバス」がおすすめ

乗車前からトイレの不安があり、我慢するのが難しいようであれば、無理せずトイレ付きのバスを選びましょう。とはいっても、どのバスにトイレが付いているのか、時刻表では分からない場合もあります。

そんなとき、おすすめしたいのが「バスブックマーク」です。検索画面で「詳しい条件を選択して検索」をクリックして、「トイレ付き」にチェックを入れると、トイレ付きのバスを簡単に見つけられます。

ほかにも「シートタイプ」や「男性専用」「女性専用」などの条件で検索が可能です。

複数の事業者による夜行バスが競合している路線なら、ひとつずつWebサイトを確認するよりも簡単に比較できるでしょう。

まとめ

夜行バスを利用するときは、トイレ付きのバスを選ぶと安心です。トイレがない場合は、途中の休憩でSAやPAのトイレを利用します。それ以外で停車するのは難しいですから、不安がある場合は迷わずトイレ付きにしましょう。最近は清潔なトイレも増えています。