夜行バスに乗ったらメイクはどうしてる?気になるメイク事情を解説

深夜の高速道路を走り、遠く離れた目的地まで運んでくれるのが夜行バスです。 しかし、はじめて夜行バスを利用する方の中には、目的地に到着したあと、どこでメイクや着替えをしたら良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。 この記事では、夜行バスを利用する際のメイク事情を解説します。バスに持ち込むと便利なメイクグッズも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

すっぴんで乗り込んだ夜行バス、翌朝みんなはどこでメイクしているの?

深夜に出発することが多いのが夜行バスです。そのため、バスに乗り込む際はほとんどの方がメイクを落とした状態で乗車してきます。

翌朝、目的地に着いたあと、女性のみなさんはどこでメイクや着替えをしているのでしょうか。

ここでは、夜行バスを利用する方のメイク事情を見ていきましょう。

到着したバスターミナル、駅のトイレ

ほとんどの方は、到着したバスターミナルや近くの駅のトイレを利用して、メイクや着替えを行っています。トイレなら大きな鏡もあってメイクもしやすく、個室で着替えもできるので、身支度を整えやすいですよね。

しかし、バスの到着後はたくさんの方がトイレを利用するため、混雑していて利用できないこともあります。その場合は大きな荷物を抱えながら、空いているトイレを探して移動しなければならないでしょう。

サービスエリア

到着後のトイレ混雑を避けたい方の中には、途中のサービスエリアでメイクを済ませる人もいます。サービスエリアのトイレなら、ターミナルや駅のトイレよりも広くて数も多いので、混雑せずに利用できるからです。

ただし、サービスエリアでの休憩時間は15分~30分と限られているため、あまりゆっくりはできません。集合時間までにバスに戻らないとほかの乗客の方に迷惑をかけてしまうため、時間を見ながら行動する必要があります。

専用ラウンジ

バス会社によっては専用のラウンジを利用できるところもあります。専用ラウンジは、その会社のバスを利用した人しか使えません。

サービスエリアのように決められた時間の中でメイクすることもないため、混雑をさけながらゆっくりメイクや着替えができるでしょう。

夜行バスの車内でメイクしても大丈夫?

到着後にメイクをする時間がない方の中には、バス車内でメイクをしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、バス車内にはほかの乗客の方がいますから、メイクをしても良いのか迷ってしまいますよね。

ここでは、夜行バスの車内でメイクをしている人はいるのか見ていきましょう。

バスの車内でメイクしている人も多い

簡単なメイクなら、バスの車内で済ませる人も多いようです。普段からそれほどメイクに時間をかけない人であれば、メイク場所を探すよりもバス車内でサッと済ませてしまった方が手間がかからないのでしょう。

しかし、なかにはバスの車内でフルメイクをする人もいるようです。普段から行っているメイクであれば、バスの車内であっても問題なくこなせるのかもしれません。

バスを降りてすぐに活動できる

バスの車内でメイクをすると、目的地に到着したあとすぐに活動できるメリットがあります。

小さいお子さんがいるママは、メイクのために家族を待たせられない方もいるでしょう。そのため、バスの車内でメイクする人も多いようです。

車内は揺れるのでメイクしにくい

バス車内でメイクすると、時間を有効に使えるメリットはありますが、走行中のバスは揺れやすいため、アイメイクやマスカラなど細かい部分のメイクがしづらいデメリットもあります。

何度か夜行バスを利用すると慣れている人も多いようですが、はじめのうちは簡単なメイクにした方が失敗しなくて済むのでおすすめです。

また、メイクは思いの外、音が出ることがあります。化粧下地やリキッドファンデーションが振ってから使うタイプだったり、化粧ポーチからメイク道具を取り出したりするときなど、静かな車内では、わずかな音でも響いてしまうものです。

乗客の中には、目的地に到着するギリギリまで眠っていたい人もいます。また、夜中に寝付けず朝方になってようやく眠れそうだという方もいるでしょう。

周囲の方の睡眠を邪魔しないように、バスの車内でメイクをするときは十分な配慮が必要になります。

もし、周囲に気をつかわずにメイクしたい場合は、座席が独立しているタイプやカーテン付きの座席を選ぶと良いでしょう。

バスブックマークなら、希望する座席タイプから夜行バスを検索して簡単に予約できます。

夜行バスに持ち込むと便利なメイクグッズ

夜行バスは、眠っている時間を利用して目的地まで移動するため、ほとんどの方はメイクを落とした状態で乗車しています。

しかし、パートナーやお友達と一緒に夜行バスを利用する際に、すっぴんを相手に見られたくない方もいるのではないでしょうか。

ここでは、夜行バスの車内に持ち込んでおくと便利なメイクグッズを紹介します。

メイクしたまま眠れるコスメ

バスの車内でもメイクを落としたくない方は、24時間つけていても大丈夫なコスメを利用しましょう。

眉ティント

眉ティントなら、一度使用すれば3~7日ほど眉が消えないので、夜行バスを利用した旅行にぴったりのアイテムです。

使い方は簡単で、液体を眉に塗って数時間待てば、自然な眉毛ができあがります。眉ティントに含まれている成分も、肌にやさしい天然由来のものを選べば、色素沈着などの心配もなく安心して使用できるでしょう。

100円ショップで売られている眉テンプレートを使えば失敗も防げます。旅行前に眉ティントをしておけば、24時間いつでもきれいな眉毛をキープできます。

ファンデーション・化粧下地

しっかりメイクはしたくないけれど、肌の気になるところは隠したい人には、つけたまま眠れるファンデーションや化粧下地がおすすめです。すっぴんのように見えるのに、肌のお悩みをキレイに隠してくれます。

さらに、美容成分や保湿成分が多く含まれているものを選べば、スキンケア効果まで得られるので、一石二鳥です。バスの車内は乾燥しやすいので、乾燥対策として利用するのも効果的でしょう。

もちろん、日中のメイクアイテムとしても使えますので、昼用夜用と使い分ける必要もありません。

ドラッグストアで購入できるプチプラコスメの中にも、つけたまま眠れるコスメがありますので、ぜひ試してみてください。

マスカラ

透明なクリアマスカラなら、メイクしていることすらわからない程自然にカールをキープできます。まつ毛を保護するタイプのものを選べば、まつ毛を痛める心配もありません。

メイクした姿とすっぴんのギャップを周りの人に感じさせたくない方にもおすすめのアイテムといえるでしょう。

試供品

旅行中はお土産や買い物でなにかと荷物が増えるため、着替えやメイクグッズなどの荷物は最小限に抑えたいですよね。

荷物をコンパクトにするには、スキンケア用品の試供品を利用しましょう。試供品なら使い終わったあとそのまま捨てられるので、荷物を徐々に減らしていけます。

普段使っているスキンケア用品に試供品タイプがなければ、トラベル用のコスメ容器に入れ替えておくと良いですね。そのほかにも、チークにもなるリップを使えば、持ち歩くメイクグッズを減らせます。

また、バスブックマークの条件検索で「女性コスメ付き」を選択すると、女性用コスメがもらえる夜行バスも検索可能です。少しでも荷物を減らしたい方は、ぜひ利用してみてくださいね。

まとめ

夜行バスを利用する際のメイク事情について紹介しました。

夜行バスでの移動は長時間に渡ります。車内ではメイクを落として過ごし、目的地に着いたらターミナルや駅のトイレを使ってメイクをしている人が多いようです。

目的地に着いたらすぐに行動したい人は、バスの車内やサービスエリアのトイレでメイクをしている人もいます。バスの車内でメイクするときは、周りの人の睡眠を妨げないように気をつけましょう。

すっぴんを見られたくない方は、24時間つけていても大丈夫なコスメを利用してみてください。肌のお悩みを隠せるだけでなく、スキンケア効果も高まりますので一石二鳥です。

ぜひ今回の記事を参考にして、ご自身に合ったメイク場所を見つけてください。